審美歯科
審美歯科では前歯を天然の歯のような色と形で美しく再現することが出来ます。奥歯も銀色の詰め物と違い、回りの歯の色と合っていますので大きく口を開けても治療のあとが目立ちません。また、オールセラミックを使って治療すると金属を使っていないので金属アレルギーの対策にもなります。

大泉診療所・矯正歯科では専属の歯科技工士が常駐していますので、回りの歯の色と違和感なく仕上げる色合わせも安心です。

オールセラミッククラウン(ジルコニア)
ジルコニア素材で非常に硬く、天然歯のように透明感のある白い歯に仕上げることが出来ます。
術前   術後
ハイブリッドセラミックインレー
セラミックとレジンが混合された素材です。保険治療で使うプラスチック製のレジンよりも固く、白い色も自然な色に近くなります。
術前   術後
セラミックインレー
奥歯の詰め物をセラミックの白い詰め物で行います。目立たないので笑ったり、大きく口を開けるときにも気になりません。

ラミネートべニア
前歯の表面を薄く削り、付け爪のようにセラミックで出来た板状のものを貼り付けます。前歯に少し隙間があるようなときや、薬の影響などで歯の色が変わってしまった場合に白い歯にするのに有効です。
術前   術後
 
 
 
ページトップへ